うつの痛み | うつ病は、精神的な症状だけではありません。

精神科医とうつの痛みに悩む女性

眠れない、食べられない

悩む女性

うつ病によって現れるからだの症状は、何も頭痛や腰痛などの痛みだけではありません。
このほかにも、さまざまな症状を引き起こします。
その中の1つとしては、「睡眠障害」が挙げられます。
睡眠障害と一言に言っても、さまざまな種類が存在しますが、基本的には寝付きが悪かったり、夜眠れなかったりすることが多いようです。
眠れない理由には、さまざまあるようですが、不安感やいろんな考えが頭を巡り眠れなくなってしまうこともあります。
睡眠は、本来脳を休ませてあげるために必要なことです。
しかし、眠れないことで睡眠不足になってしまうと、脳がその働きを十分に発揮できなくなってしまいます。
結果、思考力や判断力、集中力の低下にも繋がるのです。

ただ、睡眠障害という括りで言うと、何も眠れないだけが症状ではありません。
反対に寝すぎてしまうこともありますし、悪夢や無呼吸症候群なども、この睡眠障害の一種です。

そして、うつ病によるからだの症状には、食欲低下といったことも挙げられます。
誰だって、悩みを抱えている時は、なかなか食が進まないものです。
中には、恋煩いで食事が喉を通らないといった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。
感覚的にはそれと同じですが、うつ病の場合、なかなか回復することがありません。
恋愛の場合は、結果はどうあれ告白すれば、ある程度気持ちに踏ん切りがついて落ち着きます。
しかし、うつ病には、なかなかその解決策が見つからないのです。
ですから、いつまで経っても、食欲が湧かなかったり、好物を食べてもおいしく感じなかったりすることもあるようです。