うつの痛み | うつ病は、精神的な症状だけではありません。

精神科医とうつの痛みに悩む女性

何もやる気がでなくなる

やる気のでない男性

うつ病と聞くと多くの人は、「こころ」に症状が現れる病と認識している人がほとんどです。
しかし、実際のところは、こころだけでなくからだにも痛みを伴うといった症状もあるのです。
まずは、こころの症状について知っておきましょう。
うつ病を発症してしまうと、どういった症状がこころに現れるのでしょうか。

例えば、気分的な落ち込みが見られます。
誰だって、気分が落ち込むという経験は、人生の中で一度や二度だけでなく、たくさん経験してきたことでしょう。
例えば、好きな人に振られた、テストで悪い点を採った、親に怒られた、友達とケンカしたなど。
こういった時は、大体憂うつな気持ちになったり、悲しさがこみ上げてきたりすることがあります。
しかし、多くの場合は、寝て起きれば元通りになっていたり、おいしいものを食べれば忘れていたりします。
要は、時間が解決してくれることが大半なのですが、こういった場合は「うつ病」と言いません。

ところが、うつ病になると、こういった憂うつな気分や悲しい気分が、一向に晴れる気配を見せないのです。
四六時中、ずっと暗い気持ちを抱えながら過ごします。それは、1人でいると良からぬことを考えてしまうほどです。

多くの人は、こういった気分の時、何も手につかなくなります。
中には、仕事や勉強に集中して忘れようとする人もいるかもしれませんが、本当にうつ病ならそれすらできないでしょう。

こういったように、ただ単純に気分が落ち込むだけではなく、何事に対しても興味・関心を抱かなくなってしまいます。
ただ、やる気が出ないだけではありません。
それまで、楽しいと感じていたことでさえも、なぜか不思議と楽しく感じなくなってしまうのです。