うつの痛み | うつ病は、精神的な症状だけではありません。

うつに悩む女性と聴診器

うつ病と戦うあなたへ

うつ病という問題を解決するためには、まわりの人つまりあなたの助けが必要不可欠です。 うつ病の症状、痛みを伴うことがあることを、まずはあなたが知ることが大切です。 孤独を感じているうつ病患者には、あなたの支えが何よりも大きな力になります。 大切な人の助けになるためにも、このサイトで必要な知識を身につけていきましょう。

5%という数字

image01

「5%」この数字を見て、どういったことを思い浮かべるでしょうか。 我が国日本では、人口のおよそ5%がある病に頭を悩ませています。
その病とは、「うつ病」です。 現在、日本では、約600万人がうつ病を患っていると言われています。
人口のおよそ5%……思ったよりも少ない、というのがこの数字を見た多くの人の感想ではないでしょうか。 日本は、世界的に見てもうつ病患者が多いというイメージを持った人が多いようですが、実際のところその真逆。
世界の中でも、比較的うつ病患者数の少ない国、それが日本なのです。 ですが、近年のメディアによる過剰な報道により、日本人の多くがうつ病を患っているとされています。
しかし、ここで安心してはいけません。なぜなら、日本におけるうつ病人口は、増加傾向にあるからです。 あなた自身やあなたの身近な人にも、この病が襲いかからない保証はないのです。
今の時代では、インターネットを利用すれば、気軽にうつ病診断ができますので、まずはチェックしてみましょう。 診断は、ほんの数分で終わります。もちろん、診断結果が悪くても可能性の話ですから、すぐにうつ病だと判断するのはよくありません。
ただ、可能性は高いので、気になる人はすぐに病院に足を運び、専門医に相談するのが良いでしょう。 きっと、診断よりも、より正確な答えを提示してくれるはずです。

これまで、この病気は、メディアでも多く取り上げられるテーマでした。 しかし、実際には、この病気を体験した芸能人の体験談などしか語られないのがほとんどです。
確かに、体験談と謳えば、それなりに信憑性は出てくるでしょう。 ですが、まだ語られていないことも多いのが現実です。
例えば、あなたは、うつ病が痛みを伴う病ということをご存知でしたか? きっと知らなかったという人が大半ではないでしょうか。
多くの人は、精神的な病という認識が強いため、身体的な症状はないと思い込んでいます。 しかし、さまざまな痛みを伴うのが現実です。
例えば、痛みとしては、頭痛・腰痛・肩こりといった症状があります。 こういった、あまり知られていない情報もあるのです。

いつ、身の回りで、いや自分自身にうつ病が襲いかかってくるかはわかりません。 ただ、1つ言えるのは、事前にこうした情報を集めておくことが、今後の役に立つということです。

TOPICS トピックス